ルティンの効果

ルティンの効果と効能 - 白内障・緑内障・飛蚊症に効くルテインサプリメント

ルテインは食事から摂らないと効果なし?

抗酸化作用が強く、目の健康には欠かせないと言われているのがルテインです。これはほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる天然の色素成分ですが、残念なことに体内では作り出すことのできないものでもあります。

ルテインは目の中の水晶体や黄斑部には特に多く存在していますし、皮膚や体内器官のあちこちに幅広く存在しているものでもありますから、体内で作り出すことができないものである以上、外から補っていく以外に補う方法がありません。

先ほども触れた通り、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれていますので、意識的に緑黄色野菜を食事に取り入れることでルテインを補っていくことは可能です。その中でもケールとほうれん草には特に多くルテインが含まれています。ルテインは油に溶けやすく、油を用いた調理方法を取ることで、吸収率を高めることができますから、ほうれん草の油炒めなどは最適な調理方法と呼べそうです。

実際に、食事からルテインを多く摂っていた方には、白内障や黄斑変性症といった加齢が原因の眼病にかかる人が少ないという研究結果がありますから、集中的に摂るのではなく、日頃から長い期間をかけて意識的にルテインを摂ることで、眼病予防に効果があるといえそうです。

食事から摂るのが大変だということでサプリメントでルテインからルテインを補っている人も多いかと思いますが、残念ながらサプリメントからルテインを補っている人で、眼病にかかる人が少ないという結果は今のところありません。そこから考えるとサプリメントでルテインを補うのでは効果なしと思っていた方が正解なのかもしれません。

基本的に、人の生活を支えているのは食品ですし、健康のために良いとされるのもバランスの良い食生活を送ることですから、なるべくであればサプリメントに頼らずに食事から補うようにするのが良さそうです。